居 七 十 七 ( い な と な ) は 兵 庫 県 篠 山 市 の 山 と 田 ん ぼ に 囲 ま れ た 地 に て 営 む 漆 器 や 日 用 品 な ど の お 店 で す

2016年3月19日土曜日

篠山と丹波に暮らす人々のものがたりを綴った一冊のエッセイにまつわる展示

居七十七の事もエッセイの一つにしていただいた、丹波と篠山の本 『篠山と丹波 知らない町の、家族に還る。』という本。本の内容や登場人物の人生が感じられる展示が、本日から 里山工房くもべ(旧雲部小学校)で行われています。丹波、篠山のいろんな側面が、垣間見れるのでは、と想像しております。そっと 寄り添うようなタッチで 文章、イラスト、写真が 綴られている本なので 優しい展示になりそう。居七十七の 漆器や木の器も並び、展示販売します。
先日お知らせしたように 現在、移転準備のため、居七十七は休業中なので、器は久しぶりのお披露目です。私達も 来週末に会場へ行こうと思っております。どうぞ、お越しくださいませ。
会期 3/19.20.21,  25.26.27
時間 11;00-16;00
里山工房くもべの、ランチの献立、ほんと美味しいです。内装デザイン、させていただきました~