居 七 十 七 ( い な と な ) は 兵 庫 県 篠 山 市 の 山 と 田 ん ぼ に 囲 ま れ た 地 に て 営 む 漆 器 や 日 用 品 な ど の お 店 で す

2015年3月13日金曜日

春の音

3月も 製作作業、フル稼働中です。設計もしています。例年より めりはり効いた三寒四温も そろそろ終息の兆し、



先日、友人へ お土産でフキ味噌持って行こうと 田端のフキノトウを摘んでいたら 聞こえました、 ウグイス! まだ 不馴れな感じで ちょっと震えてる ふぅぉお、ふぉ、ほ、けきょ は 春の始まりを教えてくれた気がしました。
今朝から、田んぼ用に 居七十七横の水路に水が引かれ  威勢よい せせらぎの音が響いてます。村の人が制御してるので 流れてる時と、ない時があるのです。溝さらえ行事も今日 無事終わりました。春と言えば しばらくすると 冬眠から目覚めたカエルの合唱も始まるはず。。

文章では難しいですが 居七十七まわりの、春の音がお伝えできれば幸いです


ところ変わって。設計を学んだ場所 16年ぶり  青春という名の春