居 七 十 七 ( い な と な ) は 兵 庫 県 篠 山 市 の 山 と 田 ん ぼ に 囲 ま れ た 地 に て 営 む 漆 器 や 日 用 品 な ど の お 店 で す

2017年3月1日水曜日

季節の変わり目


居七十七の  好きな 一角。春らしい色。
ローテーブルに朱漆盆、白漆と拭き漆のお皿です。



拭き漆飯椀や拭き漆皿、漆染め皿を使った晩冬の食卓。この飯椀は、先日 完売しました。ありがとうございます。今後 マイナーチェンジを加え製作予定ですので またこちらでもお知らせいたします。
まだまだ冬は寒いので 粕汁や鮭など使いがちです。鮭は体を温めるそうです。好みの献立を楽しめる、『里山工房くもべ』の料理本に書いてありました。冬野菜も終盤。今シーズン楽しめた 赤カブは、蕪・葉・茎と分けて調理できました。ジャコ炒めや梅干しと炊いたりしました。種芋やイチゴ苗やら、そろそろ次のシーズン用に畑を耕さねば。と思いつついろいろなお話しいただいて、少しずつまた予定が埋まってきています。